過背金龍(アジアアロワナ)の幼魚に秘められた発色の可能性

野生の過背金龍はマレーシア西部の水域が代表的な生息地で、体が金色に発色する金龍の一種です。
英語名では「クロスバックゴールデン」と呼ばれる事もあり、成魚になると金色の綺麗なアジアアロワナになります。
こちらでは、過背金龍の見分け方についてご紹介いたします。 いいアロワナの見分け方(過背金龍編)

過背金龍の発色

魚体の側面にある点々を側線(ソクセン)といい、この側線にある鱗を第3鱗列(リンレツ)、そこから上の魚鱗の列を第4鱗列、第5鱗列、第6鱗列と呼びます。一般的に、背中を越えて金が巻く個体を過背金龍(カセキンリュウ)、巻かないものを高背金龍(タカセキンリュウ)、紅尾金龍(ベニオキンリュウ)と呼びます。
過背金龍であっても、第5鱗列まで、背中を越えて金を巻く個体がたくさんいるわけではありません。

そのため、一般的には金が巻く個体は、値段が高くなる傾向があります。
幼魚の状態では、個体の素質を断定する事は難しいですが、将来的にどのくらい金が巻くか、ある程度予想できるポイントがあります。

背鰭(セビレ)の基底鱗(キテイリン)

過背金龍に将来どの程度金が巻いてくるのか予想するポイントのひとつとして、背ビレの基底鱗(キテイリン)に注目します。
魚体の後方には背鰭(セビレ)・尾鰭(オビレ)・臀鰭(シリビレ)の3つのヒレがありますが、この内、背鰭付近の細かい基底鱗が、どのくらい小さいサイズで金が出ているかを確認します。

この基底鱗にたくさん金が出ている場合は、第5鱗列まで金を巻く可能性を持っているでしょう。

光沢

金の光沢にも注目してみてください。

目の斜め上後ろの耳と呼ばれる部分が光っている場合は、金を巻く可能性を持っていると言えます。また、全体的に見て鱗の金の光沢がより強い個体も、金を巻く可能性があります。しかし、過背金龍の中には鱗の内側が青くなる「藍底(アイテイ)」と呼ばれるものがおり、藍底は金の巻きが遅い場合が多いので注意が必要です。

背鰭の基底鱗・光沢以外にも、背中の白さなど他の部分に注目して、金が巻くのか予想する方もいらっしゃいます。しかし、金の巻き方より金の色や質にこだわりがある方など、好みは様々あると思うのでお客様自身の好みで選ぶのが良いでしょう。

過背金龍(アジアアロワナ)の通販・販売ならアクアリウムクリエイト

弊店では過背金龍や高背金龍、紅龍などのアジアアロワナを中心に通販サイトで取り扱っております。
金の光沢が良い個体や、体格が良い個体、ショートボディなどの珍しい個体など豊富に取り揃えておりますので、お客様の好みに合わせた選び方が出来ます。アジアアロワナに関する事でしたら弊店にお任せください。

サイト概要

サイト名:AquariumCREATE

業種:アロワナ(過背金龍など)販売/通販

電話番号:048-486-9261

FAX番号:048-486-9263

住所:〒352-0005 埼玉県 新座市 中野2-11-3

過背金龍(アジアアロワナ)の見分け方・選び方

過背金龍(アジアアロワナ)の発色や背ビレ、 光沢による見分け方・選び方の説明。 アロワナ専門店のアクアリウムクリエイトでは 金色の綺麗な過背金龍(アジアアロワナ)など人気のアロワナを販売・通販しております。