水槽のろ過や照明などアロワナの正しい飼い方、注意点について

こちらではアロワナの飼い方や飼育する時の注意点についてご紹介致します。

アロワナの水槽

アロワナの水槽 アロワナは成魚になると50cmを超える大型魚なので、最終的には比較的大きな水槽を用意する必要があります。

最低でも120cm(W)×60cm(H)×60cm(D)は必要です。

しかし、アロワナは幼魚の状態で60cm以下の水槽で展示されている事が多く、これをいきなり大きな水槽で飼ってしまうと、自分の居場所が定まらなくなってしまいます。

居場所が定まらないと水槽から飛び出そうとしたり、餌を食べなくなったり、底面などに止まって泳がなくなったりする可能性があるので、出来れば成長に合わせて水槽の大きさを変えてあげるのがおすすめです。

ろ過装置や照明などの周辺機器

アロワナを飼うためには水槽の周辺には設置する照明機器、ヒーター、ろ過装置などの周辺機器が必要です。

周辺機器

照明器具

照明器具は飼育する魚の種類に合わせて選ぶのがおすすめです。
例えば、紅龍には蛍光灯で電球はフィッシュルクスを使う、金龍にはLEDの白色や黄色がかっているようなものを使うなどです。
照明器具にも蛍光灯・LEDライト・メタルハライドランプ(メタハラ)など様々な種類が用意されています。また、水槽に取り付けるタイプ・水中蛍光灯や水中LEDなど水槽内から照らすタイプ・天井等から吊るすタイプなどがあり、様々な照らし方が出来ます。
特にアジアアロワナの場合、魚体が綺麗なため、その魚体の鮮やかさをより楽しめる照明のあて方や照明器具の種類を考えて購入されている方も多いです。

ヒーターとサーモスタット

アロワナを飼育する際は一般的に25℃~30℃に保たなければなりません。そのためヒーターと、サーモスタットで設定した温度に保ちましょう。中にはヒーターとサーモスタットが一体になっているものもあります。
予備のものを持っておくと故障した時にも安心です。

ろ過装置

ろ過装置は魚が住める水質を作るための生命維持装置です。
主なろ過装置には上部ろ過装置・外部ろ過装置・オーバーフロー式ろ過装置の3つがあります。アロワナは大型魚の中でもあまり水を汚さない魚ですので、一匹で飼うのなら上部ろ過装置で十分な場合が多いでしょう。
しかし、照明を上部から当てる際は、邪魔になってしまう場合もあるので、ご自身の好みや水槽に適したろ過装置をお選びください。

餌のあげ方

餌のあげ方 アロワナは種類・個体によって好む餌が異なります。アジアアロワナの場合は特に個体によって好みが大きく分かれ、コオロギ・ミルワーム等の虫しか食べないという個体も多いです。しかし、アロワナは毎日同じ餌をあげていると飽きてしまい、好む餌を沢山あげてもある日突然食べなくなることもあります。

また、同じ餌ばかり与えていると栄養が偏ってしまいます。特に幼魚・若魚の時の餌は、成魚時の大きさや体の作りに大きく影響を与えるので、バランス良く与えましょう。餌の中でも人工餌は比較的栄養のバランスが良いですが、個体によっては中々食べてくれない場合もあるので、若魚のうちは食べるものを沢山食べさせ、ある程度成魚になったら人工餌を与えるのが良いでしょう。

アロワナに適した照明器具やろ過装置を選ぼう

弊店はスーパーレッドアロワナや過背金龍などのアジアアロワナを通販で取り扱っているアロワナ専門店です。 良い個体を豊富な種類で取り揃えておりますので、アロワナの事でしたら弊店にお任せください。

サイト概要

サイト名:

業種:アロワナ/淡水エイ販売/水槽通販

電話番号:048-486-9261

FAX番号:048-486-9263

住所:〒352-0005 埼玉県 新座市 中野2-11-3

アロワナの飼育における水槽や照明器具、ろ過装置などの説明

アロワナを水槽で飼育する上で、水槽の大きさや 照明器具、ろ過 装置などの周辺機器は設置する環境やアロワナの種類に合せて最適なものを選ぶようにしましょう。