水槽の種類

観賞魚を飼うために必要な水槽は、魚によって選ぶ規格も異なります。
水槽には、「アクリル水槽」と「ガラス水槽」の2種類があります。それぞれの特徴を理解し、水槽選びに役立てましょう。

アクリル水槽

アクリル水槽 アロワナは成魚になると50cmを超える個体も多いので、アロワナの飼育では縦幅120cm以上、奥行き60cm以上の大型水槽の設置が必要な場合がほとんどです。アクリル水槽は名前の通りアクリル板で出来ており、割れにくく軽いという特徴があります。

アロワナの個体の中には水槽から飛び出そうとする個体もいるので、アクリル水槽だと簡単に割られる事は比較的少ないでしょう。また、ガラス水槽に比べて軽いので、移動や設置が楽になります。

小さいサイズの水槽は価格に差がない場合が多いですが、大きいサイズの水槽の場合は、アクリル水槽の方が安価に購入出来る事が多いです。

ガラス水槽

ガラス水槽 120cm~150cm以上のサイズのガラス水槽は、一般的にアクリル水槽よりも高価になる場合が多いです。ガラス水槽も名前の通りガラスで出来ており、アクリル水槽に比べて傷が付きにくく、経年劣化しにくいという特徴を持っています。

しかし、大型になればなる程重量は非常に重くなり、120cmを超える場合にはとても一人では持てない重量になります。価格的にも180cm以上になると驚くほど高額です。また、衝撃に弱いガラス水槽は、アロワナが衝突した際は割れてしまう事もあります。

小さな観賞魚やエビなどの飼育であればガラス水槽がお得ですが、アロワナなどガラスに衝撃を与える恐れがある魚を飼育するのであれば、アクリル水槽の購入をおすすめします。

弊店では過背金龍、高背金龍などのアジアアロワナを中心に、通販サイトで取り扱っております。
綺麗に発色する個体やショートボディなど、珍しい個体も豊富に取り揃えておりますので、お客様の好みに合わせた選び方が出来ます。

また、縦幅120cm×奥行き60cm・縦幅150cm×奥行き75cm・縦幅180cm×90mなど、様々なサイズのアクリル水槽、照明ろ過水槽セット、餌などの販売も行っております。
アロワナの事でしたら、是非弊店にお任せください。